カラコン ハード

ハードタイプのカラーコンタクトレンズ

コンタクトレンズには2種類ありますよね。

ソフトレンズとハードレンズです。

ふだんからコンタクトレンズを使っている方には馴染み深いと思います。

でも、ふだんからハードレンズを使用している方からすると、ソフトレンズにするとなんだか目がごろごろして使いづらい。

そんな経験ってありませんか?

カラーコンタクトレンズ、カラコンの使用を考えていても。ふだんはハードだからハードのレンズってあるのかな?

というお悩みを聞くことがあります。

そのお悩みにずばり応えてみたいと思います。

ずばり、カラコンにハードのレンズはありません。

というのもハードのコンタクトレンズの仕様がカラーコンタクトには向いていないからです。

ハードのコンタクトレンズとは特殊なプラスチック製の硬いレンズで作られています。

直径は約9mm黒目と黒目の部分よりも小さい造りになっています。

カラコンの構造を思いだしてみてください。

レンズのフチ周りにカラーが入っていますよね。

ということは、ハードコンタクトレンズでカラコンみたいに色をつけたらどうなるでしょう。

見える部分に色をつけてしまうということは何も見えなくなってしまいますよね。

ということで、ハードコンタクトレンズでカラコンを作るというのが難しいんです。

カラコンの直径って大きめのもので15mmとかですからね。

基本的に一回り大きなソフトコンタクトレンズでしかカラコンは難しいのが現状です。

もちろん今後さらなる技術が開発されて、となるとわかりませんが、現状ではハードコンタクトレンズのカラコンはないと思っていただいたかまいません。

ハードコンタクトレンズを使っている方には、申し訳ありませんがソフトのレンズになれてくださいとしか言えないのです。

それでもカラコンを使いたいんだというのであればワンデイなど使い捨てのものをお使いになることをお勧めします。

使い捨てなら、まだ費用も少なくてすみますから。

Fall in Eyez